【フェブラリーステークス 2018】映像予想|馬を見よ。~映像から見えてくるフェブラリーステークス~

スポンサーリンク

馬は生き物だ。

 

突然だが、私はこのことを忘れかけていたようだ。

馬の特徴は出馬表や血統表では完全に読み解くことは出来ない。

馬が走る姿にこそ、その馬の強さが現れ、その馬の全てを知ることが出来る。

スタートはスムーズに出たか。

出脚は良いか。

道中の流れはどうか。

3コーナーの加速はどうか。

他の馬と比べて直線に入るまでのスピードはどうか。

直線では最後まで伸びているか。

これらに注意しながら馬の1頭1頭をチェックする。

そうすることで、馬の全てが解る。

だから、私はこれから金輪際、出馬表を見ない。

私はレースを見る。

繰り返し繰り返し出走する全馬のレースを見る。

 

馬を見よ。

 

それが私が辿り着いた予想法である。

 

今週はフェブラリーSだ。私はさっそく出走馬のレースVTRをチェックしていった。

 

根岸Sはサンライズノヴァが勝っていた

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まずは根岸Sからだ。ノンコノユメが久々の勝利を飾ったレースで2着にサンライズノヴァ、3着にカフジテイクが入線している。

勝ったノンコノユメは後方でレースを進めて4コーナーでは目一杯外に持ち出した。カフジテイクはさらにその後ろで大外へ。サンライズノヴァはその2頭の少し前で直線に入り内に切れ込みながら加速。すると前方のマッチレスヒーローと進路が被り減速して外に進路を修正した。サンライズノヴァが進路を確保し再び加速した時にはすぐ後ろにノンコノユメが迫り2頭は並びながら叩き合い、最後はノンコノユメがハナ差抜け出し勝利した。カフジテイクは2馬身半後ろでゴールしている。

ノンコノユメはいつも通りのやり方でスムーズにレースを展開したがサンライズノヴァは馬群に包まれた武蔵野Sや逃げ馬を捉えきれなかった師走Sに続き不運だった。あれでハナ差ならサンライズノヴァの実力は根岸Sの出走馬の中で最上位だったといえる。重馬場、斤量56キロという条件を差し引いても次代のダート界を引っ張るのはこの馬だ。

一方、ノンコノユメは相変わらず馬体に似合わない雄大な走りをする。砂を掻き込んで走っているようには見えず、まるで砂と脚の間に見えないシートでも敷き詰めているようだ。この馬は確実に重馬場のほうがいい。掻き込んで走らないからスタートが鈍く加速もゆったりなので追い込みに徹するしかない。同じ追い込みとはいえ、レベルはカフジテイクより断然上である。

 

テイエムジンソクのスタミナVSゴールドドリームの瞬発力

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

次にテイエムジンソクとゴールドドリームが激突したチャンピオンズCを見てみる。

テイエムジンソクが13番、ゴールドドリームが9番からスタート。絶好のスタートで一気に番手まで上がるテイエムジンソク。一方のゴールドドリームもそれなりに出脚が良かったが後ろに控えた。

3コーナーから4コーナーまで2頭とも動かず直線に入る。テイエムジンソクはそのまま前を捉えにかかる。ゴールドドリームは馬群の外に出す。ゴール前でやっとコパノリッキーを交わして先頭に立ったテイエムジンソク。さらにその2頭を圧倒的なスピード差でゴールドドリームが捉えた。

このレースはテイエムジンソクの脆さとゴールドドリームの長所が出たように思う。

テイエムジンソクはスタートからゴールまで一貫したスピードを保てる馬だ。それなりに出脚も良いがトップスピードはそれほど高くはない。速いペースで追走してもバテることなく最後の最後でもう一踏ん張りが出来る。それゆえにトップスピードが削がれるコーナー4つのコースはベストだし、ハイペースになりやすくスタミナが問われる京都1800mが得意なのだ。

ゴールドドリームは逆に現役屈指のトップスピードを持っている。同時に加速に繋がるパワーも持ち合わせる。東京のマイルなら直線で前さえ開けば、よっぽど先行有利な展開にならない限りはどんな相手でも交わすだけのものを持っている。

しかし、チャンピオンズCではテイエムジンソクの方に勝てる舞台が整っていたように思う。それでもゴールドドリームが最後に交わせたのはライアン・ムーア騎手がコースロスを最小限に押さえることが出来たからだろう。東京マイルならゴールドドリームはさらに良くなり、テイエムジンソクは向かない可能性が高い。

 

サンライズノヴァか、ゴールドドリームか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

インカンテーションやベストウォーリア、サウンドトゥルーやアウォーディーなど有力馬は他にもいる。しかし、私はサンライズノヴァとゴールドドリームの走りが特に良く見えた。どちらかがこのレースを勝つ。しかし、どちらも甲乙が付けがたい。だから、私は外枠に入った馬を買おうと決めた。そして、枠順発表の時を待つ。

14番 ゴールドドリーム 、16番 サンライズノヴァ。似たような枠なので、ここでも決めきれなかった。私は最後にもう一度、根岸SとチャンピオンズCのVTRを見てみることにした。そこに競馬の全てがあった。

 

サンライズノヴァの単勝。私はこれを買う。

 

もう勝ってる。

 

~次週につづく~

 

※これは「馬を見る」という視点から描いたエッセイであり実際の予想法とは多少異なります。

 

文・ヒロシレス

 
サマーマイルシリーズ第一戦を勝つのは??【中京記念3点勝負】無料
 

口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】競馬報道
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://keibahoudou.com/
【おすすめポイント】
『競馬報道』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神競馬マガジン神競馬マガジン編集長

神競馬マガジン副編集長
広島県在住
1978年生まれ
広島市立大学卒業
大穴予想馬券師として2014年安田記念を機にブログを開始。
開設したブログ「フランケルJr.の競馬予想」は逆神として人気を博す。

WEBサイト: http://frankelkeiba.com/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

公式SNS

ツイッター フェイスブック

ライター募集

ライター募集

「神競馬マガジン」

ページ上部へ戻る