【ヴィクトリアマイル 2018】予想家5人が真剣勝負!軸馬を発表!!

スポンサーリンク

2018年のGⅠレース第8戦目が始まります!

先週行われたNHKマイルカップから5戦連続東京競馬場でGⅠレースが行われます。

今週は春の女王を決める【ヴィクトリアマイル】が先週と同じ条件で行われます。

天候が少し心配ですが馬場をしっかり見極めて勝負したいですね。

荒れるGⅠレースとして知られているだけに今年の結果にも注目です。

 

さてGⅠレースが始まるとなると昨年ご好評を頂いた企画が今年もスタートします。

昨春の高松宮記念から神競馬マガジンの2017年の新企画として始めた企画予想家5人が真剣勝負!軸馬を発表!!がスタートします。

昨年同様に今年も熱い戦いに期待したいです。

神競馬マガジンはコラムや予想などを中心に公開していますが、各ライターの予想を公開するという記事は少ないです。

なので競馬サイトらしく、簡潔に、予想を公開していますので馬券のお役に経てば幸いです。

まずルールはこちらです。

 

★軸馬予想ルール★
・4人の予想陣がG1レースのみ軸馬を選出
・軸馬と理由を明記
・中央G1(障害G1、フェブラリーS除く)で勝負。
・ポイント制で上半期・下半期・通年勝負

ポイントは
1着 5pt
2着 3pt
3着 2pt
4着~5着 1pt
掲示板外 0pt

 

【NHKマイルカップ】終了時点の結果です。

 

上半期G1シリーズ

SHIN 奈々 矢崎義郎 フランケルJr ヒロシレス
フェブラリーステークス 3
高松宮記念 1 
大阪杯
桜花賞
皐月賞
天皇賞・春
NHKマイルC 0 0 0 0 1
ヴィクトリアM
オークス
日本ダービー
安田記念
宝塚記念
合計  11 10  6  10

 

日曜東京メインでGⅠ【ヴィクトリアマイルが行われます。

芝1600mで行われる春の女王を決める1戦です。

女王を決める戦いなので牝馬の中でもレベルの高い馬が集まりました。

2連覇を目指す馬から4歳世代の新進気鋭の馬まで楽しみなメンバーが集まりました。

荒れるGⅠレースとしても有名なレースみたいなので、今年はどんな結果が待ち受けているのか楽しみです。

神競馬マガジンのライター陣の予想はこちらです!!

 

奈々    :11 アドマイヤリード

矢崎義郎  :02 ミスパンテール

SHIN  :09 ソウルスターリング

フランケルJr.:01 レッツゴードンキ

ヒロシレス :03 ラビットラン

 

奈々 ~見解~

本命馬:11 アドマイヤリード

サインは“二年連続”

2013~2014年はヴィルシーナ、2015~2016年はストレイトガール。

浮き沈みの激しい競馬界で同じGⅠを連覇なんて、本来ならば奇跡のようなことです。

しかしこのレースは、そういった傾向がアリ。

昨年の覇者(2017年)アドマイヤリードが、今年も来ます!

 

矢崎義郎 ~見解~

本命馬:02 ミスパンテール

横山典弘騎手がデビューから手綱を握っていたアエロリットを蹴ってまでこの馬を選んだ

重賞4連勝はG1で決める。

 

SHIN ~見解~

本命馬:09 ソウルスターリング

昨秋は古馬路線に参戦して全く結果を残すことが出来ませんでした。

ただ天皇賞秋、ジャパンカップの競馬を見る限りでは最強古馬がいる中での競馬なのでそこまで悲観的になる必要は無いと考えています。

昨年のクラシック戦線を沸かせた立役者でオークス馬でもあるので能力は高いです。

馬が走る気になれば一変の可能性があるので注目したいです。

 

フランケルJr. ~見解~

本命馬:01 レッツゴードンキ

鬼門の内枠に入ったが、今のスピード馬場ならスプリンターの血が活きる

過去2回のVMではいずれも2ケタ着順と大敗続きではあるが、今はむしろ左回りに適性を見せて、フェブラリーS・高松宮記念と納得の競馬。

最近再び乗れ始めた岩田なら、もう少し信頼してもいいだろう。

内枠でロスなく運べ、かつ好位からでも決め手は持っている馬。

単勝で買うには舐められている感があるが、桜花賞以来の美酒に酔うのはここだろう。

 

ヒロシレス ~見解~

本命馬:03 ラビットラン

前走は阪神で惨敗しましたがスローペースのレースで持ち味が出せなかっただけです。

同じく惨敗したデンコウアンジュもそうですが底力が問われる東京向きだと思います。

「枠はどこでもいい」という角居師の言葉は自信の顕れ

残り200m。

各馬の息があがってきた時、後ろから飛んでくるのはこの馬です。

 

以上が神競馬マガジンの予想陣の本命馬です。

今週もバラバラの予想となりました。

混戦模様と言われていますが、予想陣の予想内容を見てもかなり混戦模様っと言うことが分かります。

今週も比較的に人気の無い馬を軸馬に選んでいる方が多い印象を受けました。

先週はヒロシレスさんが選んだ馬が4着と大健闘したので今週も注目です!

神競馬マガジンの予想陣の予想はどうなるのか楽しみです。

 

【ヴィクトリアマイル】を楽しみましょう!!

 
【JC】アーモンドアイより買うべきはこの馬!◎-穴の1点公開
 

口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】競馬報道
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://keibahoudou.com/
【おすすめポイント】
『競馬報道』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神競馬マガジン神競馬マガジン編集長

神競馬マガジン副編集長
広島県在住
1978年生まれ
広島市立大学卒業
大穴予想馬券師として2014年安田記念を機にブログを開始。
開設したブログ「フランケルJr.の競馬予想」は逆神として人気を博す。

WEBサイト: http://frankelkeiba.com/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

公式SNS

ツイッター フェイスブック

ライター募集

ライター募集

「神競馬マガジン」

ページ上部へ戻る